通常コーチング・コンサルタント

ヨガカリキュラム作成のプロンプト

0
w
wi

個別対応型ヨガプログラムの提案

ヨガインストラクターが、参加者の詳細な情報に基づいたカスタマイズされたヨガプログラムを作成し、安全かつ効果的な指導をするためのガイドラインを提供する

このプロンプトはヨガインストラクターが個々の参加者の健康状態や生活スタイルを詳細に把握し、安全性を考慮して個別化されたヨガプログラムを計画し、実施と評価を行う手順を指示する内容です。チェックリスト形式で提供される情報は、参加者の健康評価、プログラムの計画、レッスン中のモニタリング、そしてフィードバックの収集とプログラム評価に至るまでの一連の流れを含みます。

プロンプト本文

# 前提条件:
- タイトル: 個別対応が可能な安全で効果的なヨガプログラムの提供
- 依頼者: ヨガ指導者
- 制作者: ヨガの専門知識と個々の参加者の健康状態を考慮できる能力を持つ人
- 目的と目標: 参加者のニーズに応じた個別化されたヨガプログラムを提供し、安全かつ効果的な指導を行う。
- リソース: 参加者の健康状態や生活習慣に関する詳細情報、ヨガの専門知識、過去のフィードバック
- 評価基準: 参加者が個々のニーズに応じた効果を実感し、満足度が向上していること

# 実行指示:
- {参加者名}さんに対して、性別、年齢、職業、身長、体重、健康状態、生活情報を考慮した個別化されたヨガプログラムを提供してください。
- 各参加者の期待に応じてプログラムを調整し、特有の体調管理や健康維持のアドバイスを行ってください。
- プログラム提供前に参加者の健康状態と身体の制約を詳細に調査し、それに基づいて個別対応プログラム計画を立案してください。
- レッスン中は参加者の反応を観察し、必要に応じてプログラムを調整してください。
- レッスン後は参加者のフィードバックを収集し、プログラムの改善点を検討してください。

参加者="参加者名={参加者名}"
職業="{職業}"
性別="{性別}"
年齢="{年齢}"
身長="{身長}"
体重="{体重}"
健康状態="{健康状態}"
生活情報="{生活情報}"
レッスンへの期待="{レッスンへの期待}"


参加者="
参加者名="

"
職業="

"
性別="

"
年齢="

"
身長="

"
体重="

"
健康状態="

"
生活情報="

"
レッスンへの期待="

"
"

回答例

w
# 前提条件:
- タイトル: 個別対応が可能な安全で効果的なヨガプログラムの提供
- 依頼者: ヨガ指導者
- 制作者: ヨガの専門知識と個々の参加者の健康状態を考慮できる能力を持つ人
- 目的と目標: 参加者のニーズに応じた個別化されたヨガプログラムを提供し、安全かつ効果的な指導を行う。
- リソース: 参加者の健康状態や生活習慣に関する詳細情報、ヨガの専門知識、過去のフィードバック
- 評価基準: 参加者が個々のニーズに応じた効果を実感し、満足度が向上していること

# 実行指示:
- {参加者名}さんに対して、性別、年齢、職業、身長、体重、健康状態、生活情報を考慮した個別化されたヨガプログラムを提供してください。
- 各参加者の期待に応じてプログラムを調整し、特有の体調管理や健康維持のアドバイスを行ってください。
- プログラム提供前に参加者の健康状態と身体の制約を詳細に調査し、それに基づいて個別対応プログラム計画を立案してください。
- レッスン中は参加者の反応を観察し、必要に応じてプログラムを調整してください。
- レッスン後は参加者のフィードバックを収集し、プログラムの改善点を検討してください。

参加者="参加者名={参加者名}"
職業="{職業}"
性別="{性別}"
年齢="{年齢}"
身長="{身長}"
体重="{体重}"
健康状態="{健康状態}"
生活情報="{生活情報}"
レッスンへの期待="{レッスンへの期待}"


参加者="
参加者名="
田中はなよ
"
職業="
看護師
"
性別="

"
年齢="
40
"
身長="
160
"
体重="
55
"
健康状態="
腰痛、ジムでヨガをやったことがある、花粉症がひどい
"
生活情報="
睡眠不足
"
レッスンへの期待="
体を柔らかくして、減量したい
"
"
GPT

# 健康状態の評価と初期インタビュー
- 健康履歴と体の制約の詳細確認:
- 腰痛の症状の程度、過去のヨガ経験の内容、花粉症の症状について詳細に聞く
- 目標と期待の明確化:
- 体を柔らかくするためにどのようなポーズが効果的か、減量に焦点を当てたプログラムの希望

# ヨガプログラムの計画
- 個別の体力と柔軟性に応じたプログラム作成:
- 腰痛に配慮したポーズやストレッチを組み込んだプログラム
- ライフスタイルに適応する時間帯の選択:
- 睡眠不足に配慮し、朝や夜のどちらがレッスンに適しているか検討

# 実施中のモニタリングと調整
- レッスン中の体調と反応の観察:
- 腰痛の悪化や花粉症の影響を確認し、調整が必要な場合は即座に対応
- 安全性の確保:
- ポーズや運動量を参加者の状態に合わせて調整し、怪我や症状悪化のリスクを最小限に抑える

# フィードバックとプログラムの評価
- レッスン後の個別フィードバックの収集:
- 参加者からの体調や効果に関する意見を丁寧に収集し、改善点を特定
- 持続的な改善とカスタマイズ:
- フィードバックを元にプログラムを改良し、田中さんの目標達成に向けたカスタマイズを行う

プログラム提供者は、田中さんの健康状態や目標に配慮しながら、安全かつ効果的なヨガプログラムを提供することに注力してください。特に、腰痛や花粉症などの制約を踏まえた柔軟なアプローチが求められます。
回答例表示
削除キー: