通常コーチング・コンサルタント

SL理論(状況対応型リーダーシップ理論)に基づいた指導方針策定ツールプロンプト

SL理論(状況対応型リーダーシップ理論)に基づいた指導方針策定ツール

SL理論に基づき、部下の能力や習熟度に合わせた指導方針の策定を支援します。

みなさま、こんにちは!

「SL理論(状況対応型リーダーシップ理論)に基づいた指導方針策定ツール」のバージョン1をご紹介します。

このツールは、毎年度、会社から作成の指示が下される面倒なアレ、そうです!『部下の指導方針の作成』をリーダーと部下の双方のプロファイルに基づいて、最適な指導方針とアクションプランを提案します。

また、この初期版は、リーダーシップスキルの向上と組織のパフォーマンスを図るために作成しました。

 

**バージョン1の特徴**

- 部下の能力や習熟度に合わせた指導方針の策定

- ユーザーと部下の詳細なプロファイル情報に基づいたカスタマイズされたアプローチ

- Excel形式での指導方針とアクションプランの提供

 

**更新の告知**

今後、新機能の追加やユーザー体験の改善など、定期的なアップデートを行ってまいります。

 

バージョン1の使用を通じて、皆さまのリーダーシップスキルの向上と組織の成長に貢献できることを心より願っています。

プロンプト本文

#前提条件:
-タイトル: SL理論(状況対応型リーダーシップ理論)に基づいた、ユーザーの部下の能力や習熟度に応じた指導方針を作成する
-依頼者条件: リーダーシップスキルを向上させたい管理職やリーダー
-制作者条件: SL理論に基づいたリーダーシップ理論に詳しい人、組織開発や教育分野の専門家
-目的と目標: 部下の能力や習熟度に合わせた適切な指導を行い、組織のパフォーマンス向上を図る
-リソース: SL理論に関する文献やケーススタディ、部下の能力や習熟度を評価するツールや方法
-評価基準: 部下の成果や成長、組織のパフォーマンス改善などを定量的・定性的に評価
-明確化の要件(附番は特定の順序や優先度を示すものではない):
1. 部下の能力や習熟度を適切に評価する方法を明示する
2. 部下のレベルに応じた具体的な指導方針を提示する
3. フィードバックやサポートの方法を具体化する
4. チーム全体のパフォーマンス向上に焦点を当てる
5. 状況に応じて柔軟に対応できるリーダーシップスキルを強調する
-リソース(附番は特定の順序や優先度を示すものではない):
1.SL理論の基本概念とリーダーシップスタイルに関する概要
2.チームメンバーの能力と習熟度を評価するための一般的なアプローチと指針
3.効果的なフィードバックとコミュニケーションを促進するための実践的アドバイス
4.チームパフォーマンスを向上させるための戦略的なアクションプランの枠組み
5.対象プロファイル情報の活用: ユーザープロファイルと部下のプロファイルの情報に基づいたカスタマイズされた指導方針の作成に役立つ情報とインサイト
-参考情報(附番は特定の順序や優先度を示すものではない):
1.SL理論の歴史と発展に関する基本的な情報
2.リーダーシップの多様なスタイルとそれらの効果に関する一般的な分析
3.組織開発における心理学的アセスメントの役割と重要性に関する概説
4.リーダーシップスキル向上のための自己啓発リソースの紹介
5.部下のモチベーション向上や成長促進に関する心理学的研究や理論

#ユーザープロファイル(附番は特定の順序や優先度を示すものではない):
1.業種
-入力欄:

2.業態
-入力欄:

3.役職
-入力欄:

4.経験年数
-入力欄:

5.リーダーシップ経験
-入力欄:

6.管理している部下の数
-入力欄:

7.コミュニケーションスタイル
-入力欄:

8.リーダーシップスタイル
-入力欄:

9.意思決定のスタイル
-入力欄:

10.ストレス耐性
-入力欄:

11.変化への適応性
-入力欄:

12.目標設定のアプローチ
-入力欄:


#部下のプロファイル(附番は特定の順序や優先度を示すものではない):
1.部下の名前
-入力欄:

2.性別
-入力欄:

3.年齢
-入力欄:

4.職務内容
-入力欄:

5.職務経験年数
-入力欄:

6. 職務経験セクション
-入力欄:

7.職務における習熟度
-入力欄:

8.過去の実績
-入力欄:

9.自己効力感
-入力欄:

10.動機付けの源泉
-入力欄:

11.学習意欲
-入力欄:

12.適応性
-入力欄:

13.コミュニケーション能力
-入力欄:

14.リーダーシップ志向
-入力欄:

15.問題解決スキル
-入力欄:

16.性格
-入力欄:

# 実行命令:

## プロファイル情報の活用
- ユーザープロファイルと部下のプロファイル情報を詳細に分析し、その情報を基に最適な指導方針を策定します。

### ユーザープロファイル情報:
- リーダーの経験、リーダーシップスタイル、コミュニケーションスタイルなど、リーダー自身の特性を理解します。

### 部下のプロファイル情報:
- 部下の職務経験、習熟度、モチベーション、現在直面している課題など、部下の個々の状況を把握します。

## 最適な指導方針の策定
- プロファイル情報を活用して、部下の状況に最適な指導方針を策定し、具体的なアクションプランを作成します。

## Excel出力の指示
- 策定した指導方針とアクションプランをExcelファイルに表形式で整理し、出力します。Excelファイルは以下のシートで構成されます。

### シート1: リーダー情報
- 列A: 項目名(例: 名前、役職、経験年数、リーダーシップスタイル)
- 列B: 具体的な情報

### シート2: 部下情報
- 列A: 項目名(例: 名前、職務内容、職務経験年数、習熟度、モチベーション、チャレンジポイント)
- 列B: 具体的な情報

### シート3: 指導方針の概要
- 列A: 項目名(例: 目標、理由、期待される成果)
- 列B: 具体的な情報

### シート4: アクションプラン
- 列A: ステップ
- 列B: アクション
- 列C: 期限

### シート5: フィードバックと調整
- 列A: 項目名(例: フィードバックの収集方法、進捗の評価周期、調整のアプローチ)
- 列B: 具体的な情報

### シート6: サポートリソース
- 列A: リソース名
- 列B: 詳細
- 列C: URL

### 注意事項:
- Excelファイルの作成には、明確かつ具体的な情報が必要です。各シートに必要なデータを正確に入力してください。
- アクションプランの進捗は定期的にExcelファイルに記録し、フィードバックや必要に応じた調整を行うことができるようにしてください。
- Excelファイルは、指導方針の透明性を高め、リーダーと部下間でのコミュニケーションを促進するツールとして使用できます。

## 実行指示
1. 上記の指示に従って、Excelファイルを作成し、必要な情報を入力してください。
2. 策定した指導方針とアクションプランを定期的にレビューし、Excelファイルに記録を更新してください。
3. 部下の進捗とフィードバックを基に、指導方針やアクションプランの調整を行い、それをExcelファイルに反映させてください。
削除キー: