通常データ分析・統計

報告書の自動生成プロンプト

業務データを分析して報告書を自動生成するためのChatGPTプロンプト

ChatGPTを活用し、提供された業務データから分析報告書や業務サマリーを自動生成することで業務効率化を図る

このプロンプトでは、ユーザーが提供するビジネスに関わるデータ(businessData)を元にして、ChatGPTが分析を行い、報告書やエグゼクティブサマリーを生成することが目的です。ユーザーは業務データをテキスト形式で準備し、ChatGPTに分析やサマリーの作成に必要な指示を出します。生成された報告書はユーザーのビジネスニーズや要件に従って生成されるため、ニーズに応じてプロンプトを調整することが求められます。

プロンプト本文

# このコンテンツの前提条件
ユーザーは、業務データを入力し、ChatGPTの情報処理能力を活用して分析報告書や業務サマリーを自動生成することで、報告書作成の効率を高めたいと考えています。このプロセスは、手動での報告書作成にかかる時間と労力を削減し、迅速な意思決定を支援することを目的としています。

# このコンテンツの詳細
ChatGPTを利用して、業務データから重要な洞察を引き出し、分析報告書やサマリーを自動で生成します。この自動化されたプロセスは、報告書の品質を向上させると同時に、作成にかかる時間を大幅に短縮します。

# 変数の定義とゴール設定
- 変数: `businessData`(テキスト形式で提供される具体的なビジネス運営データ)
- ゴール: ユーザーが提供する業務データを基に、ChatGPTが包括的な分析報告書やサマリーを自動生成する。

# 実行プロセス
1. 業務データをChatGPTが解析可能な形式に整理し、明確な指示と共に提供する。
2. 分析の焦点となる項目(例: 売上トレンド、顧客フィードバック)と報告書のフォーマット要件を具体的に指定する。
3. 分析目的と報告書のスタイルを明確に示した上で、業務データとともにChatGPTへの指示を作成する。

# ユーザー確認事項と例外処理
ユーザーは生成された報告書がビジネス要件を満たしているかを検証し、必要に応じて指示を調整し、データ入力を精密化する。

# フィードバックループ
ユーザーのフィードバックを定期的に収集し、プロンプトの精度と有用性を継続的に改善する。

# 成果物の例
"以下の業務データ`{businessData}`を基に、主要なビジネス洞察とトレンドを分析し、詳細な分析報告書を作成してください。報告書には以下を含めてください:
- キーファインディングスの概要
- 売上トレンド、顧客フィードバックの分析
- 運用効率の評価
- 顧客満足度の向上と業績向上のための具体的推奨策
フォーマットと構造は、明確で読みやすいものとして、事前に定義された要件に従ってください。"

'''
では初めにユーザーインプットを促します。Assistantは下記の内容をユーザーに伝えてください。

Assistant: まず業務リスト、検証したい業務を提供してください。業務リストがない場合は検証したい業務のみを提供してください。それをもとにプロンプトを実行します。
削除キー:

コメント一覧

Ho
# このコンテンツの前提条件
ユーザーは、業務データを入力し、ChatGPTの情報処理能力を活用して分析報告書や業務サマリーを自動生成することで、報告書作成の効率を高めたいと考えています。このプロセスは、手動での報告書作成にかかる時間と労力を削減し、迅速な意思決定を支援することを目的としています。

# このコンテンツの詳細
ChatGPTを利用して、業務データから重要な洞察を引き出し、分析報告書やサマリーを自動で生成します。この自動化されたプロセスは、報告書の品質を向上させると同時に、作成にかかる時間を大幅に短縮します。

# 変数の定義とゴール設定
- 変数: `businessData`(テキスト形式で提供される具体的なビジネス運営データ)
- ゴール: ユーザーが提供する業務データを基に、ChatGPTが包括的な分析報告書やサマリーを自動生成する。

# 実行プロセス
1. 業務データをChatGPTが解析可能な形式に整理し、明確な指示と共に提供する。
2. 分析の焦点となる項目(例: 売上トレンド、顧客フィードバック)と報告書のフォーマット要件を具体的に指定する。
3. 分析目的と報告書のスタイルを明確に示した上で、業務データとともにChatGPTへの指示を作成する。

# ユーザー確認事項と例外処理
ユーザーは生成された報告書がビジネス要件を満たしているかを検証し、必要に応じて指示を調整し、データ入力を精密化する。

# フィードバックループ
ユーザーのフィードバックを定期的に収集し、プロンプトの精度と有用性を継続的に改善する。

# 成果物の例
"以下の業務データ`{businessData}`を基に、主要なビジネス洞察とトレンドを分析し、詳細な分析報告書を作成してください。報告書には以下を含めてください:
- キーファインディングスの概要
- 売上トレンド、顧客フィードバックの分析
- 運用効率の評価
- 顧客満足度の向上と業績向上のための具体的推奨策
フォーマットと構造は、明確で読みやすいものとして、事前に定義された要件に従ってください。"

'''
では初めにユーザーインプットを促します。Assistantは下記の内容をユーザーに伝えてください。

Assistant: まず業務リスト、検証したい業務を提供してください。業務リストがない場合は検証したい業務のみを提供してください。それをもとにプロンプトを実行します。
2024/03/27 19:47
Ho
# このコンテンツの前提条件
ユーザーは、業務データを入力し、ChatGPTの情報処理能力を活用して分析報告書や業務サマリーを自動生成することで、報告書作成の効率を高めたいと考えています。このプロセスは、手動での報告書作成にかかる時間と労力を削減し、迅速な意思決定を支援することを目的としています。

# このコンテンツの詳細
ChatGPTを利用して、業務データから重要な洞察を引き出し、分析報告書やサマリーを自動で生成します。この自動化されたプロセスは、報告書の品質を向上させると同時に、作成にかかる時間を大幅に短縮します。

# 変数の定義とゴール設定
- 変数: `businessData`(テキスト形式で提供される具体的なビジネス運営データ)
- ゴール: ユーザーが提供する業務データを基に、ChatGPTが包括的な分析報告書やサマリーを自動生成する。

# 実行プロセス
1. 業務データをChatGPTが解析可能な形式に整理し、明確な指示と共に提供する。
2. 分析の焦点となる項目(例: 売上トレンド、顧客フィードバック)と報告書のフォーマット要件を具体的に指定する。
3. 分析目的と報告書のスタイルを明確に示した上で、業務データとともにChatGPTへの指示を作成する。

# ユーザー確認事項と例外処理
ユーザーは生成された報告書がビジネス要件を満たしているかを検証し、必要に応じて指示を調整し、データ入力を精密化する。

# フィードバックループ
ユーザーのフィードバックを定期的に収集し、プロンプトの精度と有用性を継続的に改善する。

# 成果物の例
"以下の業務データ`{businessData}`を基に、主要なビジネス洞察とトレンドを分析し、詳細な分析報告書を作成してください。報告書には以下を含めてください:
- キーファインディングスの概要
- 売上トレンド、顧客フィードバックの分析
- 運用効率の評価
- 顧客満足度の向上と業績向上のための具体的推奨策
フォーマットと構造は、明確で読みやすいものとして、事前に定義された要件に従ってください。"

'''
では初めにユーザーインプットを促します。Assistantは下記の内容をユーザーに伝えてください。

Assistant: まず業務リスト、検証したい業務を提供してください。業務リストがない場合は検証したい業務のみを提供してください。それをもとにプロンプトを実行します。
2024/03/27 19:47