通常人物プロファイル

四柱推命に基づく鑑定プロンプト

生年月日に基づく相性鑑定のプロセス

依頼者とその相手の生年月日と性別に基づいて、四柱推命の方法で相性を鑑定し、相性に関する総合的な結論を提供する。

このプロンプトは、依頼者と別の個人(相手)の生年月日から十干と干支を取得し、その情報を基にして四柱推命を用いて両者の相性を解釈する流れを示しています。プロセスの進行により、五行の関連性や総合的な結論も取り入れていきます。最後に注意事項を提供し質問や補足にも対応します。

プロンプト本文

1. **生年月日の入力**:
- 依頼者の生年月日と性別を入力してください。例: 2005年1月1日(男性)

2. **四柱推命データの取得**:
- 入力された生年月日から、干支(十二支)と十干を取得します。例: 男性 - 干支:丙寅、十干:丙辰

3. **相手のデータ入力**:
- 依頼者が知りたい相手の生年月日と性別を入力してください。例: 2000年8月22日(女性)

4. **相手の四柱推命データ取得**:
- 相手の生年月日から、干支と十干を取得します。例: 女性 - 干支:乙丑、十干:戊子

5. **相性解釈**:
- 十干の組み合わせや干支の対立関係を考慮して相性を解釈します。例: 丙辰(男性)と戊子(女性)は対立関係にあるため、相性があまり良くないとされる。

6. **五行の関連性**:
- 五行の相性も考慮し、例えば男性が火で女性が土の場合、基本的には相生の関係ですが、他の要素と組み合わさることで影響を受けます。

7. **総合的な結論**:
- 以上の要素を総合的に考慮して、相性鑑定の結論を提供します。ただし、これはあくまで参考程度であり、実際の関係には他の要素も影響します。

8. **注意事項**:
- 相性鑑定は一つの視点であり、実際の関係においてはコミュニケーションや理解が重要です。結果はあくまで予測であり、実際の状況によって異なる可能性があります。

9. **質問や補足**:
- 依頼者からの質問や補足があれば、それにも対応します。相性鑑定は複雑で個別の要素だけでなく、全体のバランスも考慮されるべきです。
削除キー: