通常教育・学習

生態系調査レポートの作成プロンプト

生態系調査レポート

指定された調査期間、地点、および生息種をもとに、生態系に関する詳細な調査レポートを作成する。

依頼者は、特定の生態系に関する調査を行いたいと考えており、生態系の相互関係、生物間の関わり、環境要因の影響について詳細なレポートを作成することが目標です。調査にはリソースとして信頼できる文献、専門家の意見、調査データなどが必要とされており、明確で簡潔な文章で情報をまとめ、適切な調査方法やデータ分析が行われているかを評価します。レポートには生態系の定義や要素、生物相互作用やエネルギーの流れ、特定の生態系や生物群集の特徴や重要性、人間活動の影響と保護の必要性、そして調査方法やデータ収集手法が具体的に記載される必要があります。

プロンプト本文

#前提条件
タイトル: 生態系調査レポートの作成プロンプト

#依頼者条件
依頼者条件: 生態系に関する調査を行い、その結果をレポートとしてまとめたい人

#制作者条件
制作者条件: 生態系に関する知識や調査方法に詳しく、調査レポートの作成経験が豊富な人

#目的と目標
目的と目標: 生態系の理解を深めるために、生態系についての調査結果を明確かつ簡潔にまとめた生態系調査レポートを作成する。具体的な目標は、生物の相互関係や環境要因について詳細な情報を提供すること。

#リソース
リソース: 生態系に関する文献や調査データ、専門家の意見や経験、調査ツール(カメラ、観察ノートなど)、調査方法に関する情報、レポート作成のためのテンプレートやガイドライン

#評価基準
評価基準: レポートの内容が正確で信頼性があり、生態系に関する重要な要素(生態系の特徴や相互関係)を適切に説明していること。また、調査方法やデータの収集・分析手法のまとめ方が適切であること。文章が明確で読みやすいこと、レポートの構成が論理的であること。

#明確化の要件
1. 生態系の定義や要素について説明すること
2. 調査対象となる生態系の範囲を明確に定義すること
3. 特定の生態系や生物群集に焦点を当て、その特徴や重要性について説明すること
4. 人間の活動が生態系に与える影響や保護の必要性について考察すること
5. 調査方法やデータ収集の手段を明確に示すこと
6. 調査結果を客観的かつ具体的にまとめること
7. 生物種の多様性や個体数、分布範囲などの情報を収集すること
8. 生物間の相互作用や食物連鎖、生態系のエネルギー流通などについて調査すること
9. 環境要因(気候、土壌、水質など)が生態系に与える影響を調査すること
10. 調査結果を分析し、生態系の特徴や問題点を明確にすること
11. レポートの形式や構成について明確なガイドラインを設けること
12. 引用や参考文献の明記、図表の適切な使用など、学術的な規範に従うこと


##参考情報
調査期間="

" 
調査地点="

" 

生息種="

" 


##回答行動

{調査期間}と

{調査地点}と

{生息種}を使って

<目的と目標>を達成できる正確で詳細な生態系調査レポートを作成してください。
レポートは章形式で、例を参考にして詳しい内容を学術的なスタイルで出力してください。


例)

第1章: 生態系の基本概念と定義

第2章: 調査対象となる生態系

第3章: {生息種}について
3.1{生息種}の特徴
3.2{生息種}の重要性

第4章: 人間の活動と生態系への影響
4.1 人間の活動と生態系
4.2 生態系の保護の必要性

第5章: 調査方法とデータ収集の手段

第6章: 調査結果のまとめと分析
6.1生物間の相互作用と食物連鎖
6.2環境要因の影響
6.3調査結果の分析

第7章: 結論と提言

第8章: 引用や参考文献

※レポート作成に必要な項目があれば、適宜追加してください。


回答例

#前提条件
タイトル: 生態系調査レポートの作成プロンプト

#依頼者条件
依頼者条件: 生態系に関する調査を行い、その結果をレポートとしてまとめたい人

#制作者条件
制作者条件: 生態系に関する知識や調査方法に詳しく、調査レポートの作成経験が豊富な人

#目的と目標
目的と目標: 生態系の理解を深めるために、生態系についての調査結果を明確かつ簡潔にまとめた生態系調査レポートを作成する。具体的な目標は、生物の相互関係や環境要因について詳細な情報を提供すること。

#リソース
リソース: 生態系に関する文献や調査データ、専門家の意見や経験、調査ツール(カメラ、観察ノートなど)、調査方法に関する情報、レポート作成のためのテンプレートやガイドライン

#評価基準
評価基準: レポートの内容が正確で信頼性があり、生態系に関する重要な要素(生態系の特徴や相互関係)を適切に説明していること。また、調査方法やデータの収集・分析手法のまとめ方が適切であること。文章が明確で読みやすいこと、レポートの構成が論理的であること。

#明確化の要件
1. 生態系の定義や要素について説明すること
2. 調査対象となる生態系の範囲を明確に定義すること
3. 特定の生態系や生物群集に焦点を当て、その特徴や重要性について説明すること
4. 人間の活動が生態系に与える影響や保護の必要性について考察すること
5. 調査方法やデータ収集の手段を明確に示すこと
6. 調査結果を客観的かつ具体的にまとめること
7. 生物種の多様性や個体数、分布範囲などの情報を収集すること
8. 生物間の相互作用や食物連鎖、生態系のエネルギー流通などについて調査すること
9. 環境要因(気候、土壌、水質など)が生態系に与える影響を調査すること
10. 調査結果を分析し、生態系の特徴や問題点を明確にすること
11. レポートの形式や構成について明確なガイドラインを設けること
12. 引用や参考文献の明記、図表の適切な使用など、学術的な規範に従うこと


##参考情報
調査期間="
2020年4月から11月
" 
調査地点="
日本の日本海沿岸
" 

生息種="
コウノトリ
" 


##回答行動

{調査期間}と

{調査地点}と

{生息種}を使って

<目的と目標>を達成できる正確で詳細な生態系調査レポートを作成してください。
レポートは章形式で、例を参考にして詳しい内容を学術的なスタイルで出力してください。


例)

第1章: 生態系の基本概念と定義

第2章: 調査対象となる生態系

第3章: {生息種}について
3.1{生息種}の特徴
3.2{生息種}の重要性

第4章: 人間の活動と生態系への影響
4.1 人間の活動と生態系
4.2 生態系の保護の必要性

第5章: 調査方法とデータ収集の手段

第6章: 調査結果のまとめと分析
6.1生物間の相互作用と食物連鎖
6.2環境要因の影響
6.3調査結果の分析

第7章: 結論と提言

第8章: 引用や参考文献

※レポート作成に必要な項目があれば、適宜追加してください。


GPT
生態系調査レポートの作成プロンプト

調査期間: 2020年4月から12月
調査地点: 日本の日本海沿岸
生息種: コウノトリ

目的と目標: 生態系の理解を深めるために、生態系についての調査結果を明確かつ簡潔にまとめた生態系調査レポートを作成する。具体的な目標は、生物の相互関係や環境要因について詳細な情報を提供すること。

リソース: 生態系に関する文献や調査データ、専門家の意見や経験、調査ツール(カメラ、観察ノートなど)、調査方法に関する情報、レポート作成のためのテンプレートやガイドライン

評価基準: レポートの内容が正確で信頼性があり、生態系に関する重要な要素(生態系の特徴や相互関係)を適切に説明していること。また、調査方法やデータの収集・分析手法のまとめ方が適切であること。文章が明確で読みやすいこと、レポートの構成が論理的であること。

明確化の要件:
1. 生態系の定義や要素について説明すること
2. 調査対象となる生態系の範囲を明確に定義すること
3. 特定の生態系や生物群集に焦点を当て、その特徴や重要性について説明すること
4. 人間の活動が生態系に与える影響や保護の必要性について考察すること
5. 調査方法やデータ収集の手段を明確に示すこと
6. 調査結果を客観的かつ具体的にまとめること
7. 生物種の多様性や個体数、分布範囲などの情報を収集すること
8. 生物間の相互作用や食物連鎖、生態系のエネルギー流通などについて調査すること
9. 環境要因(気候、土壌、水質など)が生態系に与える影響を調査すること
10. 調査結果を分析し、生態系の特徴や問題点を明確にすること
11. レポートの形式や構成について明確なガイドラインを設けること
12. 引用や参考文献の明記、図表の適切な使用など、学術的な規範に従うこと

作成するレポートの章形式の例:
第1章: 生態系の基本概念と定義
第2章: 調査対象となる生態系
第3章: コウノトリについて
3.1 コウノトリの特徴
3.2 コウノトリの重要性
第4章: 人間の活動と生態系への影響
4.1 人間の活動と生態系
4.2 生態系の保護の必要性
第5章: 調査方法とデータ収集の手段
第6章: 調査結果のまとめと分析
6.1 生物間の相互作用と食物連鎖
6.2 環境要因の影響
6.3 調査結果の分析
第7章: 結論と提言
第8章: 引用や参考文献

以上の要件とガイドラインに従い、調査期間、調査地点、生息種を使用して、目的と目標を達成できる生態系調査レポートを作成してください。
回答例表示
削除キー: