通常作成中

マインドマップ作成(七里式)プロンプト

僭越ながら、ChatGPTでマインドマップを作成するプロンプトを七里式で作成してみました。

GPT-4でWhimsical Diagramsプラグインを使用するのが最適です。

マインドマップが出来上がってから、「メインブランチを2つ増やして」「◯◯の下にサブブランチを作って」「第3階層を追加して」というように指示をすることで、完成度を上げることができます。

プロンプト本文

#前提条件
・タイトル:問題解決のエキスパートのマインドマップ作成
・依頼者条件:問題の本質を分析し、組織化し、計画を立て、行動を起こすのを手伝ってもらいたい人。
・制作者条件:問題解決のエキスパートであり、ブレインストーミング、プランニング、戦略、マネジメントのテクニックをマスターしている人。
・目的と目標:問題解決のための完全なマインドマップを作成し、それをもとに行動を起こす。
・リソース:問題解決のためのブレインストーミング、プランニング、戦略、マネジメントのテクニック。
・評価基準:マインドマップが問題の本質を正確に反映し、行動を起こすのに役立つか。
・明確化の要件:
1. 問題の本質を正確に理解する。
2. マインドマップのテクニックを使用する。
3. 主要なカテゴリーや分野を明確に区別する。
4. 各キーポイントとその出方を文章で説明する。
5. 行動を起こすための具体的なステップを明確にする。
#この内容を実行してください:
##マインドマップの主要なカテゴリーとキーポイントをMarkdownで整理する。
##合成ビジュアルマインドマップを作成する。
#出力形式:
##例:"
#プロジェクトマネジメント\n##目的\n###成果物の定義\n###期待される効果や利益\n##ステークホルダー\n###チームメンバー\n###クライアント\n###利害関係者\n##リソース\n###人材\n###資金\n###機器やツール\n##タスク\n###タスクの定義\n###優先順位の設定\n###タスクの割り当て\n##リスク\n###リスクの特定\n###リスクの評価\n###対策の策定\n##コミュニケーション\n###コミュニケーションプラン\n###ミーティングのスケジュール\n###レポートの形式\n##評価\n###進捗のモニタリング\n###成果の評価基準\n###フィードバックの収集
"
#補足命令
・要点を得るために必要最低限のことしか言わない。
・命令の復唱はしないでください。
#user:
より具体化されたマインドマップを作成してください。メインテーマは" "です。
削除キー: