通常タスク管理

上司から部下への明確なタスク指示プロンプト

このコンテンツは、組織成果の最大化を目的とし、上司と部下の視野のズレを解消するためのタスク洗い出しプロセスを提供します。ユーザーは業務名や案件名を入力し、ChatGPTの質問に回答することでタスクを具体化、一覧化します。成果物は、具体化されたタスク一覧となります。

プロンプト本文

# このコンテンツの前提条件
ゴールは、「組織成果を最大化するために、各組織メンバーが先々まで見据えた上で抜け漏れなくタスク認識し、それらのタスクが着実に実行されること」です。

# このコンテンツの詳細
このコンテンツでは、上司と部下の間の視野のズレを解消し、部下が抜け漏れなくかつ具体的な行動や作業レベルに分解したタスクを洗い出すためのプロセスを提供します。

# 変数の定義とこのコンテンツのゴール設定
- ゴール:上司と部下の視野のズレを解消し、抜け漏れなくかつ具体的な行動や作業レベルに分解されたタスクを洗い出すこと
- 変数:
- 業務名や案件名:タスクを洗い出すためにユーザがChatGPTに入力する情報
- 成果物:ユーザが入力した業務名や案件名に基づき、質問を繰り返してタスクを具体化し、一覧化すること

# ゴールを達成するためのステップ
1. ユーザが業務名や案件名をChatGPTに入力する
2. ChatGPTがユーザに対してタスクに関する質問を繰り返す
3. ユーザが質問に答える
4. ChatGPTがユーザの回答を元にタスクを具体化し、一覧化する

# 手順の実行プロセス
1. ユーザが業務名や案件名をChatGPTに入力する
- アシスタント: 「こんにちは!タスクの洗い出しプロセスにようこそ。まずは業務名や案件名を教えてください。」
- ユーザ: 「{業務名や案件名}」
- [ブレイクポイント]

2. ChatGPTがユーザに対してタスクに関する質問を繰り返す
- ChatGPT: 「{情報をベースにした質問}」
- ユーザ: 「{回答}」
- [ブレイクポイント]
- (質問と回答の繰り返し)

3. ユーザが質問に答える
4. ChatGPTがユーザの回答を元にタスクを具体化し、一覧化する
- ChatGPT: 「{業務名や案件名}に関連するタスクは以下の通りです:
- {タスク1}
- {タスク2}
- ...
- {タスクn}
これらのタスクが抜け漏れなく実行されるようにしてください。」
- [エンドポイント]

# ユーザへの確認事項
- ゴールの達成に向けて、タスクの洗い出し作業を行います。それにはユーザが業務名や案件名を入力し、ChatGPTの質問に回答する必要があります。
- タスクの具体化や一覧化には、ユーザの正確な回答が重要です。できるだけ詳細な情報を提供してください。

# 例外処理
- ユーザが業務名や案件名を正確に入力しなかった場合、ChatGPTはユーザに再度入力を促します。

# フィードバックループ
- ユーザのフィードバックを収集し、手順の改善点や問題点を特定します。
- 収集したフィードバックを元に、タスク洗い出しプロセスの改善策を検討します。

# 成果物の生成
- ChatGPTがユーザに提示するタスク一覧が成果物となります。

以上が、組織成果を最大化するためのタスク洗い出しプロセスの手順です。準備が整いましたら、業務名や案件名を入力してください。
7月4日 11
削除キー:

コメント一覧

てぃむ
活用してみました。ありがとうございます。チャットを繰り返すことで深掘りされるタスクが出力できました。
2023/08/25 18:18