通常SEO関連

不動産実務検定に関するSEO対策記事作成プロンプト

SEO対策を踏まえた不動産実務検定の利点を伝える記事作成

不動産実務検定に関心を持つ潜在的な受講者に向けて、検定の利点とその取得によるキャリアおよび家族計画に対するメリットを明らかにし、SEOを意識した記事を制作すること。

このプロンプトは、具体的な読者層を意識しながら、不動産実務検定の重要な情報を伝える文章を作成するよう依頼する。記事はSEO戦略に基づき、検索結果での視認性を高めることを目指し、読者の行動を促す小論文フォーマットでまとめられる必要がある。

プロンプト本文

#前提条件:
- タイトル: 「不動産実務検定のSEO対策記事作成」
- 依頼者条件: 不動産実務検定についての理解を深めたい、あるいは資格を取得したい人
- 制作者条件: SEOに関する知識を持ち、情報を効果的に伝えられるライティングスキルを有する人
- 目的と目標: 不動産実務検定の内容や利点を理解し、受験に関する情報を提供することで、検定への興味を喚起し、読者を試験の受験につなげること
- リソース: 不動産実務検定の公式サイト、受験に関連する資料、信頼できる情報源からのデータ
- 評価基準: 記事の内容がSEO的に最適化され、関連するキーワードでの検索結果で高いランクを獲得すること
- 明確化の要件:
1. 検定の概要や難易度、試験内容についてわかりやすく説明する
2. 検定の利点やキャリアにおけるメリットを強調する
3. 関連キーワードを適切に盛り込みながら自然な文章を心がける
4. 読者が次のステップに進むための具体的なアクションを提示する
5. 内部リンクを設置し、他の関連ページへ誘導する


#プロファイル

読者層="

人物情報:

年齢: 40歳
性別: 男性
職業: 有名企業のサラリーマン
家族: 既婚、子供2人
状況: 将来の働き方や教育費、老後資金、家族との時間について悩んでいる

性格:

責任感が強く、家族のために尽くすタイプ
長期的な目標を立てて計画的に動く
周囲のアドバイスを素直に受け入れる柔軟性がある

対象の悩み:

将来的な働き方をどうするべきか
教育費や老後資金をどうやって確保すべきか
家族との時間をどう増やしていけるか

興味・関心:

キャリアアップやスキル向上に関する知識の獲得
子供の教育や成長を見守ること
資産管理や家族の未来のための計画立案

特徴的な行動:

家族のイベントやアクティビティに積極的に参加する
時間管理に努め、仕事と家庭のバランスを取ろうとする
家族の将来のために長期的な投資や資産形成を計画する
"

不動産実務検定の基本情報="
不動産実務検定は民間資格です。
宅地建物取引士(基本的に「宅建士」と省略した用語を用いること)は国家資格です。
賃貸不動産経営管理士は国家資格です。
なぜ、国家資格なのかというと、業務の遂行に必要となる法令の運用責任者だから。
宅建士は、宅地建物取引業法(主に消費者を宅建業者から保護するための法律)の運用責任者です。
賃貸不動産経営管理士は、賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律(主に不動産オーナーを管理業者から保護するための法律)の運用責任者です。
不動産実務検定は、自分や家族が所有する不動産で資産形成したり相続した不動産の資産運用などで自ら活用するのが目的です。
宅建士や賃貸不動産経営管理士が扱う不動産は自己所有(自社所有)ではなく、顧客が所有(他人所有)の不動産です。
宅建士は、他人(お客様)の不動産の取引を業とするのに守るべきルール(宅地建物取引業法)を遵守するための現場責任者。自分や家族の不動産をどうのように活用したら良いのかの知識や技能は資格制度に含まれていません。
不動産実務検定は2級、1級、マスターと3種類あります。
2級は満室経営がテーマです。
1級は物件取得がテーマです。
マスターは相続対策と土地活用がテーマです。
2級と1級はどちらでも自由な順序で受講も受験もできる。
マスターは2級と1級と両方の検定試験に合格していないと受講も受験もできません。
2級から受講・受験することを推奨している。理由は物件を取得する前に経営方法を勉強してほしいから。
2級と1級の受験方法は3種類。ホームスタディー講座を購入して自習してから受験する。認定講座を受講してから受験する。一発試験を受験する。
ホームスタディー講座を購入すると認定講座を受講することができる。
試験は2級・1級とも四択問題50問、制限時間は60分。合格率は70%以上。
認定講座を受講すると試験問題が5問免除になる。
テキストは単体で販売はしていない。ホームスタディー講座または認定講座に申し込むと冊子が届く。
テキストのPDF版は、試験に合格してJ-RECの資格会員になると特典として合格した級のみダウンロードできる。
2級の合格率は認定講座の受講者(5問免除者)で約8割。一発試験の受験者は約7割。
2級の合格率は認定講座の受講者(5問免除者)で約6割。一発試験の受験者は約5割。
2級の受験料は7,700円。ただし認定講座の受講料に含まれている。不合格後の再受験に受験料が必要。
1級の受験料は8,800円。ただし認定講座の受講料に含まれている。不合格後の再受験に受験料が必要。
2級の勉強時間の目安は36時間。
1級の勉強時間の目安は72時間。
不動産実務検定は、自分や家族の資産形成・資産運用に役立つ。
宅建士は、不動産業界で働くのに必須となる資格。就職・キャリアアップ・転職に役立つ。
"

#実行文

{読者層}に向けて、
{不動産実務検定の基本情報}に基づき、
を効果的に使用して、
第1段落で問題提起として を浮き彫りにし、
第2段落で「確かに〜です。」と反対意見として を踏まえつつ、
第3段落で自分の意見として を述べ、
第4段落で根拠2つを を示して、
第5段落でまとめとして改めて自分の意見である を示すような、
小論文の形式で不動産実務検定のSEO対策記事を
です・ますの文体で
読者を励まし、やる気を引き出すような構成でまとめてください。
削除キー: